組合概要・沿革

工芸品名
京鹿の子絞
よみがな
きょうかのこしぼり
工芸品の分類
染色品
主な製品
着物地、帯揚、洋装用品、室内装飾品
歴史
絞り染めは、日本では千数百年も前から行われており、衣装の紋様表現として用いられてきました。括(くく)りの模様が子鹿の斑点に似ているところから「鹿の子絞り」と言われます。室町時代から江戸時代初期にかけて、辻が花染として盛んに行われるようになり、江戸時代中期には、鹿の子絞りの全盛期を迎えました。その後も手先の技は着実に受け継がれて来ています。
主要製造地域
京都府/京都市、亀岡市、京田辺市、木津川市、南丹市、京丹後市、綾部市、城陽市、井出町、笠置町、和束町、その他地域
指定年月日
昭和51年2月26日
企業数
84
伝統工芸士数
63(2007年4月1日現在)
産地組合名
京鹿の子絞振興協同組合
産地組合連絡先
〒604-8225
京都府京都市中京区西洞院通四条上ル蟷螂山町481 京染会館5F
TEL:075-255-0469 FAX:075-255-4690
関連施設
催事
京鹿の子絞工芸展 TEL 075-255-0469
名勝・イベント
京都市洛西地区は桜の名所

ページトップへ